飼育環境

2017年08月23日

IMG_7363
  アマガエルの亜成体、小ちゃんのお家です。
  どこに居るかわかりますか?

IMG_7366
  横から見たところ。葉っぱは、全部本物。
  私は1歳までは、全体に水を張って、石を入れた環境にします。
  亜成体は乾燥に弱いし、水深が浅いのでもしもの水切れ事故防止の為に。
  1歳を過ぎると、陸地に水場を設置する環境に切り替えます。
  霧吹きは強制な気がするのでしません。カエルさんが乾燥を感じた時。
  カエルさん自身が自分の判断で、水場で水分補給できるように。
  水場はどのプラケースにも2個ずつ設置。
  水場で糞をした時とか、水場の乾燥の時の為に2個にしてます。

IMG_7371
  こっちは保育園の他のクラスから預かってるカエルちゃんのお家。

IMG_7374
  横からみたところ。どこに居るか?ぱっと見てわからないのがベスト。

  隠れたい生き物と、見たい人間。どっちの要求も満たす環境を目指したい。
  葉っぱもなく、丸見えな環境って、カエルにとってはストレスだと思うんです。
  例えるなら、人間が丸裸で丸腰でサバンナ放り出されたような感じ。
  安全な場所に身を潜めたいのに、いつも誰かに見られてる。嫌やろ?(笑)
  だから普段は隠れられるように、枝と葉っぱを使って、狭くても立体的に。
  人間が見たい時だけ探して見ればいい。餌の時には寄って来るし♪

IMG_7353
  壁に引っ付いてるカエルは基本、落ち着く足場や葉っぱがないからと思う。
  個体差も大きいので、とにかく慎重に。でも色々と試して・・・
  カエルにとってベストな環境を提供したい。まだまだ試行錯誤の連続です。


  読んでくれてありがと♪ 人気Blogとブログ村ランキングに参加してます。
  下のバナーを応援クリックして頂ければ励みになりめっちゃ嬉しいです♪

  人気ブログランキングへ   にほんブログ村 その他ペットブログ カエルへ 
   にほんブログ村 その他ペットブログ 両生類へ

2016年09月04日

IMG_1596
  プラケースの蓋を開けてもここまで。これ以上は外に出ません。
  カエルは安全だと認知すると、そこから動かないし、動いても戻ってきます。
  外に出たがる場合は、飼育環境が満足できてないからだと思います。


  読んでくれてありがと♪ 人気Blogとブログ村ランキングに参加してます。
  下のバナーを応援クリックして頂ければ励みになりめっちゃ嬉しいです♪

  人気ブログランキングへ   にほんブログ村 その他ペットブログ カエルへ 
   にほんブログ村 その他ペットブログ 両生類へ

2014年07月09日

IMG_6189
  壁にとまってるツリーフロッグは、「気に入った足場がないから」
  「飼育環境が良くないから仕方なく壁にいる」と思う事が多いけど・・・
  たまには、こんなカッコもします、モリアオ姉さん。


    読んでくれてありがと♪ 人気Blogとブログ村ランキングに参加してます。
    下のバナーを応援クリックして頂ければ励みになりめっちゃ嬉しいです♪

       人気ブログランキングへ   にほんブログ村 その他ペットブログ カエルへ 
   にほんブログ村 その他ペットブログ 両生類へ

2013年01月13日

IMG_5053
   今日はプラケースを22個、洗いました♪ 1日掛りの大仕事(笑)

IMG_5050
   洗面所のシンクが広いので、特大プラケースも洗いやすいの♪

IMG_5051
   お水が冷たいからか?よく手に乗って来るモリアオくん。

IMG_5060
   水場を洗っててもデジカメを向けても平気。逃げずにじっとしてます。
   お家にも、保育園にも、たくさんのカエルさんが居て、初めて見た人に
   いつもビックリして質問されるのは、「カエルって逃げへんの?」ってこと。

   「生き物って、ここは安全と思って安心すると逃げなくなるねんで」って・・・
   答えることにしてます。私は大好きなカエルさんにそう思って暮して欲しい。
   自然の中みたいに自由はないけど、狭いながらも出来るだけ自由に
   安心して暮して欲しい。なので、飼育環境は常に考えていきたいです。



    読んでくれてありがと♪ 人気Blogとブログ村ランキングに参加してます。
    下のバナーを応援クリックして頂ければ励みになりめっちゃ嬉しいです♪

       人気ブログランキングへ   にほんブログ村 その他ペットブログ カエルへ 
   にほんブログ村 その他ペットブログ 両生類へ

2012年06月29日

IMG_0997
   石に手を添えて・・・ 水場に入るのがお気に入りのケローニャ。

IMG_0996
  石も水場も、色々と替えて見ましたが、このセットが一番落ち着くみたい。

  飼育環境は、ある程度のマニュアルはあるけど、個体差も大きいので、
  いつも、迷いながら、試しながら、手さぐりです。迷ったら、その子に聴く!
  もちろん、言葉で会話はできないので、複数のシェルターを入れてみたり。
  水深も斜めにしたり石を入れたりと深さを替えてみる。一番、落ち着いて
  過ごしてくれる深さを探る。狭いプラケースを立体的にレイアウトして、少し
  でも広く動けるようにしてあげたい。忙しいから、飲みに行くから、眠たいから、
  餌は明日にしよう、プラケースのお掃除は後で、とかは、ダメ!
  今日あげないと、明日には命はないかも知れない。お世話は先延ばしにしない。
  それが出来ないなら、飼育をする資格はない。自由を奪ってる以上、彼らの
  命に、責任を持つことが大切。日々、生き物に接しながら、思うこと。



    読んでくれてありがと♪ 人気Blogとブログ村ランキングに参加してます。
    下のバナーを応援クリックして頂ければ励みになりめっちゃ嬉しいです♪

       人気ブログランキングへ   にほんブログ村 その他ペットブログ カエルへ 
   にほんブログ村 その他ペットブログ 両生類へ



2012年01月05日

IMG_7509
   毎年、真夏と真冬に、皮膚がただれるモリアオガエルの4歳の男の子
   隔離して、自宅療養中でしたが、3箇所の炎症が完治! 良かった!!
続きを読む