野草

2017年04月25日

IMG_2978
  今日はこんな野草がいっぱいの公園で、子ども達と一緒に遊んだ。

IMG_2981
  烏野豌豆(カラスノエンドウ)。ソラマメ属の越年草。

  矢筈豌豆(ヤハズエンドウ)が植物学的に用いられる和名やけど、
  「カラスノエンドウ」の方が一般的によく呼ばれてる名前。

IMG_2979
  エンドウ属なので、鞘が出来る。ピンボケやけど(笑)

IMG_2993
  小さいのに、ちゃんと鞘にはお豆が入ってる♪ 感動!
  3歳の女の子が鞘をキレイにむいた。
  これ、ほんまに食べられるらしい。 マジで? ぉお!!(゚ロ゚屮)屮

IMG_2973
  3歳の男の子。「先生、これ見て!お母さんにあげるの!!」。
  握りしめたタンポポと、花びらが千切れたオリエンタルポピー。
  一生懸命に摘んだお花たち。いじらしい。その気持ちがステキだ。
  本当は花を摘むのは「可愛そうだから止めよう」って言うけど、
  今回は、何も言わず、男の子にそっとビニール袋をあげた。
  「優しいね。この袋に入れて持って帰って、お母さんにあげる?
  お母さん、きっとキレイって喜んでくれるね」
  「うん♪ 先生、ありがとう♪」

  今日みたいに子ども達がお花を摘む時、私は迷う。
  「野草は摘んでもいいけど、植えたお花は摘んでは可愛そう」
  そんな大人の決めたルール、子ども達にはわからない。
  私は雑草と言う言葉がそもそも嫌い。人間が植えたお花と野草。
  命には違いがないはず。でも、一般的に野草は雑草と言われる。
  今日は、男の子の「お母さんを喜ばせたい気持ち」を最優先した。
  保育って難しいし、奥が深い。だから迷うこともあるし、責任重大。
  私が毎日、向き合って育ててるのは、20年後のこの子の「生きる力」。
  何が正解で何が間違いか? 答えはこの子が大人になった時にわかる。
  自分の大切な誰かに、花を贈れるような優しい男性になって欲しいと思う。


  読んでくれてありがと♪ 人気Blogとブログ村ランキングに参加してます。
  下のバナーを応援クリックして頂ければ励みになりめっちゃ嬉しいです♪

  人気ブログランキングへ   にほんブログ村 その他ペットブログ カエルへ 
   にほんブログ村 その他ペットブログ 両生類へ