強制給餌

2018年06月16日

  失明まではいかなかったけど、眼球が白く濁ったモリアオくんが居る。
  今月で18歳。眼球の白濁は6歳ぐらいの時から。悪くも良くもならない。
  最近、床で眠ることが多く、あんまり餌に反応しなくなってきた。
  先週は餌を食べなかった。今日も食べない。少し痩せてきた。

IMG_0424
  考えて、悩んだ末に、嫌だけど、カードを口の横から差し込んでみた。
  すぐに口を開けてくれたので、レプトミンを口に入れた。
  口が開いて、やっと餌に気付いた感じ。明らかに老化現象だと思う。
 
  強制給餌とまではいかないけど、カエルの口にカードを差し込む行為。
  苦手だ。餌を食べたくない時に、餌を口に入れるって、どうなん?と思う。
  でも、必要な時もある。カエルさんが衰弱して、嚥下できなくなる前に。
  弱ってからでは手遅れになることも多い。ここの見極めは、ほんと難しい。
  こればっかりは、経験がものをいう。慎重に、でも、やる時はやる!

IMG_0425
  まだ飲み込む力もある。身体に力も残ってる。

IMG_0427
  今直ぐにどうこうと言うことは、まだ無いのかも知れない。

IMG_0428
  でも、ここ最近。右眼の白濁が進行してる。それで餌が見えないのかも?
  カエルの18歳。いつ、何があっても、おかしくない年齢。
  この子が、もっと餌に気付く方法を考えよう。少量づつでもいいから・・・
  餌をあげる回数を、今より増やしてみよう。できることは何でもする。
  後、覚悟も。高齢のカエル。迷うことも多いし、何が正解かわからんけど、
  カエルさんとの人生は最高。今、生きてくれてる1日1日を大切にしよう。


  読んでくれてありがと♪ 人気Blogとブログ村ランキングに参加してます。
  下のバナーを応援クリックして頂ければ励みになりめっちゃ嬉しいです♪

  人気ブログランキングへ   にほんブログ村 その他ペットブログ カエルへ 
   にほんブログ村 その他ペットブログ 両生類へ

2016年09月11日

IMG_1718
  モリアオ姉さん、16歳。

IMG_1725
  痩せてきました。

IMG_1726
  背中の骨が浮き上がって見えるほど。痛々しい。悲しい。

IMG_1723
  餌をあげると、初めの1回は口を開けるけど・・・

IMG_1722
  開閉が小さいので、口に餌が入り難い。

IMG_1727
  14歳を超えたカエルさんは、大抵こうなる。

IMG_1729
  人間もそうだけど、介護が必要になったりする。

IMG_1730
  カエルにとって、14歳はかなりの高齢。

IMG_1745
  いつも迷う。悩む。で、嫌なんだけど、最後の手段。

IMG_1736
  強制給餌をする。カードを使って。

IMG_1739

  口の横からカードを、傷つけないように差し込むと・・・
  
IMG_1737
  口を開けてくれるから・・・

IMG_1733
  急いで餌を口に入れる。タイミングが大切。
  カエルとの信頼関係が出来てないと難しいかも。

IMG_1732
  口が開いて、餌が入ったら・・・

IMG_1738
  飲み込んでくれるから、食べる機能はまだ残ってる。
  食べたい気持ちもあるんだと思う。
  カエルは、死ぬ直前まで生きようとするから。

IMG_1742
  ここまでして・・・とも思うけど、こんな表情を見てたら・・・
  このまま、衰弱死するのを、黙って見てることもできない。
  どうしたらいいか?正しい答えなんて、わからない。
  いつも迷うし、考えるし、自問自答してる。
  でも、食べてくれうちは、出来るだけ食べて貰いたい。
  ただの私の自己満足の為なのかも知れないけど。
  この子にとってそれが幸せかどうか?わからないけど。

  日々、衰えていく、愛するもの。見てるのは辛いんだけど・・・
  最期まで諦めず、看取るのが、飼い主の責任なんだと思う。



  読んでくれてありがと♪ 人気Blogとブログ村ランキングに参加してます。
  下のバナーを応援クリックして頂ければ励みになりめっちゃ嬉しいです♪

  人気ブログランキングへ   にほんブログ村 その他ペットブログ カエルへ 
   にほんブログ村 その他ペットブログ 両生類へ