セミ

2017年08月02日

IMG_6583
  子ども達と一緒に公園へ。蝉捕りに行った。

IMG_6582
  「先生、見て見て♪」。無くなって落ちてた蝉を持ってきた男の子。
  生殖器が出たままで亡くなってる。無事に恋できたんかな?



  読んでくれてありがと♪ 人気Blogとブログ村ランキングに参加してます。
  下のバナーを応援クリックして頂ければ励みになりめっちゃ嬉しいです♪

  人気ブログランキングへ   にほんブログ村 その他ペットブログ カエルへ 
   にほんブログ村 その他ペットブログ 両生類へ

2017年07月12日

IMG_5737
  子ども達と蝉捕りしに公園に行った。蝉の大合唱にみんな大興奮!

IMG_5735
  木の傍は、蝉の蛹が地上へ出て来た「穴」だらけ。

IMG_5736
  意外と深い穴。子ども達も興味津々で覗いたりしてる。

  初めに1人の男の子が1匹の蝉を捕り逃がした。すると・・・
  あんなに鳴いてた蝉たちが一斉に鳴き止んだ。公園は広い(5,700㎡)。
  逃げた蝉の、周辺の蝉はまだしも、遠くの蝉まで一斉に静まり返った。
  「逃げろ!危ないぞ!!子ども達に捕まるぞ!!!」鳴き方で伝えた?
  それともテレパシー?? コウモリみたいに超音波???
  単純に3歳児30人+5歳児40人の殺気を感じ取ったとか?(笑)
  蝉は1匹も鳴かず、みんな木の上に移動した。

IMG_5728
  捕れたのは、蝉の抜け殻。「抜け殻捕り」を楽しみました(笑)
  3歳の男の子が、「ぼーやん先生、こっちにちょっと来て!
  蟻さんが、蝉の抜け殻を食べてるよ」。

IMG_5731
  見てみると、何らかの原因で蝉に成れなかった蛹に蟻が集ってた。

IMG_5732
  私の身長よりも1mぐらい上の位置。こんな高い所までよく見えたな。
  子ども達と一緒に遊んでると、ビックリする発見が毎日ある。
  土の中から出てきて木を登り、蝉になること。
  蝉に成れず死んじゃったこと。蟻が巣に運んで、餌になること。
  ありのままに伝える。子ども達は真剣に聞き、何かを感じてくれる。

IMG_5741
  「先生、これ何?」と1人の男の子が黄色い繭を持って来た。
  「これはオビカレハの繭。水色の毛虫さんのこと、覚えてる?」

IMG_5738
  桜の木には、繭がたくさん付いてた。1度、繭になると動けない。
  葉っぱだと落葉して踏まれる危険もある。実際にたくさんの繭が、
  茶色い葉っぱと一緒に地面に落ちてた。
  蝶や蛾の場合、どこで繭や蛹になるか?は大問題。命懸けだ。
  大量の蝉の抜け殻を捕り、保育園に帰りました(笑)


  読んでくれてありがと♪ 人気Blogとブログ村ランキングに参加してます。
  下のバナーを応援クリックして頂ければ励みになりめっちゃ嬉しいです♪

  人気ブログランキングへ   にほんブログ村 その他ペットブログ カエルへ 
   にほんブログ村 その他ペットブログ 両生類へ

2011年12月25日

IMG_7130
   こんな時期に、道端でクマゼミが亡くなってた。何で?
   土の中から間違って出て来てしもたんかな? 恋もせず死んでしもたんかな?

   私は・・・ 蝉の亡骸が、アスファルト上で人間や車に踏まれるのが大嫌いで、
   見つけたら、土の上に必ず移動させます。どうしても土に還したいので。

   土がなければ、せめて、人間に踏まれない道の端に移動させます。
   自転車を止めてでも。通勤途中でも。人目があっても。怪しげな目で見られても。
   自己満足でも、偽善でも、道行く人に見られても、構わない。
   人間に踏まれてペチャンコになった蝉の亡骸を見るのが大嫌いです。

   だから、夏の終わりは、蝉の亡骸を移動させつつ歩くので、大忙しです(笑)
   でも、こんな真冬に蝉を見たのは初めての経験でした
   



    読んでくれてありがと♪ 人気Blogとブログ村ランキングに参加してます。
    下のバナーを応援クリックして頂ければ励みになりめっちゃ嬉しいです♪

      人気ブログランキングへ   にほんブログ村 その他ペットブログ カエルへ 
   にほんブログ村 その他ペットブログ 両生類へ