映画

2016年02月21日

  映画「遺体 明日への十日間」を観た。
  泣けて泣けて。これでもかってほど、泣いた。
  2011年3月11日、『東日本大震災』。
  地震、津波、夜間の大火災。
  あの日、被災地で何が起こったか。

  岩手県釜石市を襲った津波。住み慣れた町の変わり果てた姿。
  NEWSでも報道された地獄絵図。でも、本当の地獄はその先。
  報道もされなかった真実が映画には描かれてた。

  人間は相手の立場に立って想像したり、悲しんだり、思いやったりできる。
  もしも自分の身に起こったことだったら? 親身にもなれる。
  でも、想像と現実は違う。現実はそんなに甘くも生やさしいものでもない。
  本当の意味での辛さや哀しさ、絶望感は、当事者にしかわからない。
  自然の大きな力の前では、人間は非力で、なす術もない。
  映画を観てそう思った。わかったつもりでいる自分の無力さを知った。

  家も家族もなにもかもを飲み込んだ津波がおさまった後。
  被害の全容も明らかにならない中、次々に運び込まれてくる遺体。
  岩手県釜石市の廃校になった中学校の体育館が遺体安置所になる。
  ブルーシートに包まれ、泥だらけの遺体。身元もわからない。
  医師や歯科医師が身元確認を行うが、遺体の多さに追いつかない。
  電気も水もない。被災した火葬場も稼働してない。遺体をどうするか?
  警察も市職員もどうすればいいのか分からず戸惑う。
  混乱を極める現場。死後硬直した遺体の腕を力ずくで折って・・・
  ブルーシートで包んでいく。次々に運び込まれる遺体。
  物として扱われる死体を見て驚愕し、言葉を失ってしまう、一人の男。
  民生委員を務めている主人公、相葉常夫(西田敏行)。
  かつて葬儀屋で働いていた相葉。遺体のあまりの現状に、
  ボランティアとして安置所で働くことを市長に懇願する。
  「死体」と「ご遺体」は違う。彼は番号で呼ばれる遺体の尊厳を守り、
  優しく語りかける。「痛かったね、大変だったね」。
  「夫婦は隣に並べてあげよう、夫婦なんだから」。「やるべし」。
  死後硬直。折らないで、遺体をマッサージして優しく筋肉を伸ばしていく。
  遺体は話しかけられると尊厳を取り戻すそう。
  彼は遺体確認に来られた遺族への配慮も怠らない。ひたすら温かい。
  初めは戸惑う警察や市職員も、徐々に彼に感化されていく。
  震災に真摯に立ち向かった彼らの想いが溢れてて、見てて苦しくなる。

  電力も無く、被災した火葬場が稼働しない現実。どんどん増える遺体。
  ご遺体を安置する棺すらない。大災害での弔いの在り方。
  NEWSでは報道されなかった現実。遺体をどうばいい?
  
  運よく身内を見つけたご遺族。他県の火葬場で火葬されることになった。
  泥だらけの遺体の顔。真っ黒の衣服を見た遺族が市職員に言う。
  「最期に身体っこ洗って貰えませんか?」。
  「申し訳ありません。水も道具もありません、ご理解下さい」。
  「こんな服で可哀そう、みんな流されてしまったから」。
  大切な家族の最期。顔も洗ってあげられない。なんと悲しい現実!
  一般的な葬儀とはかけ離れた過酷な現実。
  ご遺族の喪失感、悲壮感、虚脱感、絶望。
  持って行き場のない無念さを思うといたたまれず、涙が止まらなかった。
  それでも、遺体が見つかった方はまだ、幸運だったのかも知れない。
  流されたまま、見付からない方は今もまだ大勢いらっしゃるのだから。
  死者15,891人行方不明者2,584人(2015年3月11日現在、警察庁)

  震災が発生してからの十日間、一人でも多くの方々を身内、親族の元へ
  届けるため、遺体安置所で働く人たちの姿が淡々と描かれる。
  知らなかった。考えもしなかった。想像もつかなかった。震災のその後。

  この世に生あるものは必ず死ぬ。
  震災もいつ、またどこで起こるかわからない。風化させず、現実を知ろう。
  死体とご遺体は違う。尊厳ある死。他人事と思わず考えよう。
  震災はまだ終わってない。仮住宅で暮らされてるご遺族の方々。
  現在もまだ火葬場で弔われず、大勢の仮埋葬されてる方々。

  来月、3月11日で5年目をむかえる東日本大震災。
  この映画を観て良かった。亡くなった方のご冥福を心よりお祈り致します。
  ご遺族の方、どうぞ1日も早く笑顔が戻りますように。。。
  
  
  読んでくれてありがと♪ 人気Blogとブログ村ランキングに参加してます。
  下のバナーを応援クリックして頂ければ励みになりめっちゃ嬉しいです♪

        人気ブログランキングへ   にほんブログ村 その他ペットブログ カエルへ 
   にほんブログ村 その他ペットブログ 両生類へ

2015年10月23日

映画が大好きな両親の影響で、子どもの頃から映画をよく観た。
特に、亡き父とは20代になっても毎月2回以上、一緒に劇場に足を運んだ。
レンタルビデオも週に4本借りて、TVで放送される映画も、もちろん観てた。
OL時代は毎年、年間100本以上を劇場&試写会で観てたので・・・
かなりの本数の作品を観てる。とにかく映画が大好きだった。

父と一緒に観に行った「ランボー」シリーズ。過去の3作。懐かしい。
ベトナム帰還兵ジョン・ランボーを演じたシルベスター・スタローン。
本土に帰って来ても仕事もない。トラウマを背負った男の悲劇。
「戦争はまだ終わっていない」と言う彼の言葉が未だに忘れられない。

今日、『ランボー 最後の戦場』を観た。ランボーシリーズ4作目。
2008年5月24日に公開されたアメリカ映画。
タイ北部のジャングルで、ボートでの運搬や、毒ヘビ狩りをしながら、
ひっそりと暮らしているジョン・ランボー。
ある日、ランボーの前にキリスト教系NGOの一団がやって来て、
ミャンマーへの案内を依頼する。

そこらじゅうに埋められた地雷。血飛沫が上がり、銃弾が飛び交い、
肉片が飛び散る。まるで塵のように死体が転がる戦場。
そこでジョン・ランボーが傭兵部隊に投げかけた言葉。
「こんなところに好き好んで来るヤツなんていない。
それでも、オレやお前たちの仕事場はここだ。
ムダに生きるか、何かのために死ぬのか、お前が決めろ」
なんと悲しい言葉なんだろう。
戦場が自分の仕事場だと言った男の悲しさと強さ。全てを受け止めた潔さ。
子どもの頃には判らなかった、男の悲哀が痛いほど伝わってくる。

反戦映画は数えきれないほど、たくさんある。
映画を観たぐらいで、戦争を判ったつもりになるのは甘いと思うし、おこがましい。
それでも、観たい。少しでも、知りたい。今、世界で起こってる戦争が・・・
ランボーの戦争が、これで本当に最後になることを心から願う。



読んでくれてありがと♪ 人気Blogとブログ村ランキングに参加してます。
下のバナーを応援クリックして頂ければ励みになりめっちゃ嬉しいです♪

 人気ブログランキングへ   にほんブログ村 その他ペットブログ カエルへ 
   にほんブログ村 その他ペットブログ 両生類へ

2014年10月25日

IMG_0024
  海遊館。そのお隣にある、海遊館ホールへ。

IMG_0161
  映画「ヒーローのつくりかた」の山口監督にご招待されて、行って来ました。

IMG_0023
  「ヒーローのつくりかた」のポスターが入り口に貼ってあった。

IMG_9975
  映画のエンディングテーマを歌ってる「ミナワ」のLIVE。

IMG_0039
  チラシを頂いた。自然体で透明感のあるキュートなヴォーカルだった。

IMG_0015
  LIVE後の舞台挨拶。ギターの和田さんが常に楽しそうなのが印象的。

IMG_9984
  「ヒーローのつくりかた」の出演者の舞台挨拶。

IMG_9992
  私が好きなのは、JUNさん。

IMG_9982
  足が長い! マッチョで完璧なスタイルだと思うんですけど。

IMG_9980
  ブルーのシャツが、山口雅和監督。

IMG_0010
  山口監督の前作映画「ある探偵の証明」にマスターが出演した時は・・・

IMG_0009
  このJUNさんと共演。

IMG_0002
  撮影現場にも一緒に行ったので、その時からのファンです。
  YOU TUBEで予告編も観れるので、観てみて♪


    読んでくれてありがと♪ 人気Blogとブログ村ランキングに参加してます。
    下のバナーを応援クリックして頂ければ励みになりめっちゃ嬉しいです♪

       人気ブログランキングへ   にほんブログ村 その他ペットブログ カエルへ 
   にほんブログ村 その他ペットブログ 両生類へ

2014年05月05日

_SL500_AA300_

ヘビーな題材なのに、ほんわか暖っかい気持ちになる。
ステキな映画を観ました♪ (*´ェ`*) 


読んでくれてありがと♪ 人気Blogとブログ村ランキングに参加してます。
下のバナーを応援クリックして頂ければ励みになりめっちゃ嬉しいです♪

    人気ブログランキングへ   にほんブログ村 その他ペットブログ カエルへ 
   にほんブログ村 その他ペットブログ 両生類へ



2008年02月23日

      img_5960.jpg
   「シティプラザ大阪」に行きました♪堺筋本町にあるシティホテルです。
   去年、オープンしたとこなのでキレイ。食事、スパ、宿泊、ブライダル・・・
続きを読む

at 23:15│コメント(0)

2005年12月30日

今年最後の映画は、「SAYURI」にした。
劇場予告の豪華なキャストと、キレイな映像。興味をそそる芸者の世界
と、大好きなロブ・マーシャル監督の作品なので、楽しみにしていた。

振り返れば、今年はほとんど映画を観なかった。過去10年間は、毎年、
劇場で90本以上の作品を観てたのに、今年観たのは、わずか30本。
カエルちゃんと同居したり、このブログを毎日更新しだしてから、映画を観に
行く時間がなくなったのが原因。来年は、試写会も復活して、以前の様
にもっともっと映画を観たいなぁ~と思った。

監督:ロブ・マーシャル
音楽監督:ジョン・ウィリアムズ
製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ
主演:チャン・ツィイー、渡辺謙、ミシェル・ヨー、役所広司、桃井かおり、
    工藤夕貴、コン・リー、大後寿々花

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

セクシーで、妖艶で、艶っぽいけど・・・ 日本人の感覚とはかなりズレて
て違和感がある。様式美を前面に押し出し過ぎてるので、芸者の世界が
まるでファンタジックなミュージカルみたいに描かれてる。それが、ロブ・
マーシャル&スピルバーグの持ち味なので、まぁええねんけど・・・。

もし、本当の芸者の世界を覗きたいなら、深作欣二の「おもちゃ」がいい。
日本の伝統美と、立ち上る妖艶さを伝えられるのは、やっぱり日本人。
ため息が出る程、美しく、しなやかで、悲しく、強かな女性を描いた最高
傑作だと思う。いつも男を描く深作が、初めて女性を描ききった作品。

楽しみにしてたのは、ミシェル・ヨーとコン・リーと大後寿々花の共演。
この作品で一番輝いてたのは、大後寿々花。「北の零年」で、渡辺謙と
吉永小百合の娘役をしてた子役の女の子。天才子役って言われてるけ
ど、ほんまに凄い! 主演のチャン・ツィイーの魅力を、完全に上回る程
の存在感! 澄んだ瞳で、魅力的な表情をするので、惹き付けられた。
ミシェル・ヨーとコン・リーもさすが!めっちゃセクシー。コン・リーのハリ
ウッド進出は嬉しい♪ アジアを代表する女優として活躍して欲しい。

ちょっと残念だったのは、着物の着付け方と身体の捌き方。襟元を抜き
過ぎ困った 気崩して、襟足を大きく開ければセクシーと思ってるのが浅は
かだと思った。あそこまで着崩すと、だらしなく見えてみっともない。着物
が身体に馴染んで肌の一部になるぐらい美しく着るには時間が掛かる。
着慣れた人と、そうでない人との差は明らかに出る。付け焼刃の外国人
にはちょっと無理。若い人が、あんな風に着物を着ると最悪だと思った。

「SAYURI」は“英語圏の男性が日本の外から観た、日本の芸者(女性)
の理想の姿”なのかも知れない。日本の文化とか伝統とか難しいことを
考えずに、ただのハリウッド映画としての演出、カメラワーク、キレイな映
像と音楽、絵画の様な景色を楽しめば、これはこれでいい作品と思った。

読んでくれてありがと♪ 人気Blogランキングに参加しています。
貴方のお勧めの映画は何ですか? 「応援クリック」をお願いします。

at 21:51│コメント(0)

2005年12月02日

映画チケットの有効期限が明日まで。 、ヽ`アセ(;~▼~;)アセ、ヽ`
4つの作品の中から観れるけど、他の作品はもぅ観たので、
「ハリー・ポッター」しかないやん汗 「ハリー」の過去作品は
全~部、劇場で観たけど、ことごとく寝てしまってん、これが。
今回も、まったく期待せずに、観ることにした。そんな気持ち
で観ることないねんけど、チケットが勿体無いねんもんウインク

チケットを引換えてから上映時間まで30分。ペットショップへ。
映画よりもペットショップの方が、めっちゃ面白いわっ!!
ペットショップでの出来事は「手乗り巨大イグアナ」へ
続きを読む

at 16:53│コメント(0)

2005年11月29日

朝一で、映画を観に行った。もっちろんチャリンコで♪ ゞ(≧ε≦o)ぷっ 
ず~っと観たかったけど風邪やら忙しかったりで観そびれてた映画。
チケット有効期限も上映終了も間近で、今週中に2本観んとあかん汗

作品は「私の頭の中の消しゴム」。劇場予告で観ると、お涙頂戴っぽい
印象の韓国映画。主演はソン・イェジン。「永遠の片思い」、「ラブ・ストー
リー」、「四月の雪」などに出演してる女優さん。
主演俳優は、チョン・ウソン!! 超超・男っ前!! 彼の名前が有名に
なったのは香港映画『上海グランド』。アンディ・ラウ(劉德華)&レスリー
・チャン(張國榮)と共演し、ラストでアンディを殺す役を演じて「あの美形
男優は誰やねん?」って、観客を熱狂&騒然とさせたのが彼。
チョン・ウソンを観るのが楽しみ♪ ('ー') フフフのフ♪ 美形は健在?
続きを読む

at 17:07│コメント(0)

2005年04月22日

朝一番の上映を観る為に梅田へ行こうと思ったら、なぜか?
チャリンコがパンクドクロ 電車で行くよりもチャリンコの方が
早いので、電車に変更する時間はもぅなかってん。仕方なく、
母上のチャリンコで行く事にしてん。充電が足らん(ノДT)アゥゥ

恋の痛みを知る、すべての人へ
6人の豪華スターが贈る、
たくさんの“切ない”がつまったスパイラル・ラブストーリー

やって・・・。劇場予告は良さそ~やってんけど、また期待ハズ
レな作品になりそ~な予感もする。感動的やったらええなぁ。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

アカデミー脚本賞を受賞した作品で、主演はジム・キャリー&
ケイト・ウィンスレット。イライジャ・ウッドも出てたけど、映画館
はガラガラ。期待した程じゃなかったけど、それなりに切なくな
ってしまった。テーマが深いし、脚本も面白い。んで、考えさせ
られる作品。でも、中弛みする。観てて飽きがくる。

(-_-;ウーン この作品はストーリーに触れずに感想を書くのは、
ちょっと難しいかも?ちょっとネタバレ汗 もし、愛する人が別
れの言葉もなく一緒に過ごした記憶を消したら?楽しいことも
喧嘩したことも、出逢った事実すら覚えていないとしたら?
私やったらど~するかなぁ? 私は、例え失恋した辛い想い出
でも、全~部、しっかりと覚えておきたい。記憶を消そ~とは、
絶対に思わへん。でも、記憶を消したい程の出来事を経験した
ら? 相手が私との想い出を故意に全~部、消したら・・・?
それって、辛いなぁ。 考えたら、切なくなってしまった。

貴方は・・・ 失恋の記憶を消したいと思ぅ?
もし愛する人が一緒に過ごした記憶を消したらど~するぅ?

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
梅田でお買い物をして帰ろうと思って、母上に電話をしたら、
親戚のおっちゃん(母上の弟)が万博公園にポピーを観に行
くから一緒に行かへんか?って・・・。めっちゃ行きた~い!!
もぅぼーやん家に来てるらしいので、超・超ダッシュで帰った。

at 21:40│コメント(0)

2005年03月31日

今夜は久しぶりに試写会に行く予定。去年、ぱどを初めてから、
試写会の応募はサボっててんけど、久しぶりに出したハガキが
当選♪ 今年は以前のよ~な懸賞マニアに戻ろうかなぁ?

   img20050423.jpg   img20050423_2.jpg

作品は「Shall we Dance?」。リサイタルホールで、18時開場
やから、チャリンコで行くことにしてん。主演はリチャード・ギアと
ジェニファー・ロペス。1996年度日本アカデミー賞で13部門を独
占したあの名作「Shall we ダンス?」のハリウッド版。アメリカで
も大ヒットして、ハリウッドがリメイク権の争奪戦をしててんて。

確かに「Shall we ダンス?」は面白かった♪ 役所広司の疲れた
サラリーマン振り。脇を固める竹中直人・渡辺えり子も印象的。
中年男性の哀感と希望がコミカルに、でも真剣に描かれてて、笑
えたし、ホロッとした。あのキャストやからええんちゃうのん?それ
をリチャード・ギアって…?ただのラブロマンスになりそ~な予感。

リチャード・ギアはこの作品の為に半年間、毎日8時間の社交ダ
ンスのレッスンをしてんて。それに触発されたジェニファー・ロペス
も、負けずにレッスンをしたみたい。彼女は元々、ダンサーやった
のにぃ? 「社交ダンスとダンスはまったく別もの」とかで、頑張っ
てんて。演技はイマイチやけど、いっつもセクシーでキレイな彼
女。彼女のダンスシーンと「シカゴ」を撮ったピーター・チェルソム
の演出を見るのだけが楽しみ。「Shall we ダンス?」の印象が
強烈なだけに期待ハズレになりそ。軽い気持ちで観る事にしてん。

 リボン リボン リボン リボン リボン リボン リボン リボン リボン リボン リボン リボン リボン リボン

監督: ピーター・チェルソム
出演: リチャード・ギア、ジェニファー・ロペス、スーザン・サランドン

全~然、期待してへんかったので、思ったよりも面白かったけど、
問題はリチャード・ギア。やっぱし、生活に疲れたサラリーマンには
見えへん汗 カッコ良すぎるねんなぁ。ど~しても、役所広司と比
較してしまうけど、役所広司の方が上手いなぁ。役所広司は特別
男前じゃない普通の人っぽいけど、物語が進むにつれて段々、輝
いてきて、めっちゃ魅力的に見えてくる役者さん。この作品には、こ
の人!って言うぐらいピッタリやもん。リチャード・ギアは違う。初め
からラストまで、カッコええもん。ラストシーンなんて、こんなサラリ
ーマンは絶対に居らんわっ!ってちょっと冷めてしまってん汗
それでも、ラストはホロッとしてん。スーザン・サランドンが素晴らし
い!すんごい存在感で可愛い。彼女が唯一、作品の質を上げてた。

「shall we ダンス?」の方が数倍面白い。ただ、ゾクッとしたシーン
がある。中盤で、リチャード・ギアとジェニファー・ロペスがタンゴを踊
るシーン。セクシーでゾクゾクするほどキレイハート めっちゃナイスボ
ディラブ でも悲しいことにこのシーンが浮いてしもてて残念。
ジェニファー・ロペスのプロモーションビデオかと思ってしまったわ汗
でも、このシーンとクスッと笑えるシーンが多いのは、この監督の
持ち味で魅力的。リメイクと思わんと素直に観ればええんかなぁ?

 リボン リボン リボン リボン リボン リボン リボン リボン リボン リボン リボン リボン リボン リボン

img20050423_3.jpg img20050423_1.jpg  
  「中央公会堂」のライトアップ
  キレイなので、帰りに通るの
  が、いっつも楽しみ♪ (*'-'*)

img20050423_4.jpg
 「扇町公園」の噴水。
 昨夏は、カエルちゃんが
 鳴いててんけど、おたま
 じゃくし居るんかなぁ?
 密かに狙ってるのんウインク

at 14:29│コメント(0)

2005年03月04日

トラブル続きのお仕事の後、体調も良かったので、映画を観に行く
ことにした。梅田で近いし、「オーシャンズ12」が今日までの上演や
ったから。2枚あるチケットの有効期限を見るとなんと今日まで。
Σ(゚д゚;)ヌオォ!? 10日までやと思ってたのにぃ。おばあちゃんを誘った
けど、寒いから止めとくって。(*`д´)b OK! ぼーやんが2本観るっ!
まだ体調に自信がないので、恐々やったけど、あったかくして電車
で行って2本観ることにした。体調を崩してから初めての映画。
思えば2月8日におばあちゃんと「北の零年」を観てた時、映画館で
血尿が出たのがぼーやんの不調のそもそもの始まり。(゚×゚*)プッ

「オーシャンズ12」
キャストはジョージ・クルーニー/ジュリア・ロバーツ/ブラッド・ピット
/アンディ・ガルシア/キャサリン・ゼタ=ジョーンズ。とんでもない豪
華キャストのこの映画。いったいギャラはなんぼ?一番に気になった。
監督はスティーブン・ソダーバーグ。もちろん前作「オーシャンズ11」
の監督。「フル・フロンタル」「エリン・ブロコビッチ」「トラフィック」等々。
確かにおしゃれで映像もスタイリッシュ。音楽もかっこいい。でも、あん
まし好きな作品はない。話題が先行する作品が多いっていうのがこの
監督の印象。今回もそ~やろなぁ~?って思いながら観た。やっぱし
そやった。ゴチャゴチャし過ぎてて、折角の大事な部分がぼやけてる。
豪華なキャストは楽しめるけど、それだけ。もし、キャストが全員無名
俳優やったら?想像すると観る価値はない。無名俳優でも低予算の
作品でもいつまでも印象に残る作品はある。40分も寝てしまったやん。

「君に読む物語」
やられた。涙が止まらなかった悲しい どこにでもある恋愛映画と思って
期待してなかったけど、最後まで目が離せなかった。私はチャラチャラ
した恋愛映画が苦手。恥ずかしくなるし、有り得へんから。映画なんや
から有り得へんのは当たり前。そう分ってても白けてしまう(´Д`|||)ドヨーン
この作品は違う。有り得へんことを可能にした映画。冒頭で「神の力は
科学の限界を超える」って。今まで観た映画の中でも、最高のラストシ
ーン。二人の愛の深さに神様が究極のプレゼントをしてくれる。こんな
風に人生を終えられたら、どんなに幸せだろう・・・。

主演のアリーを演じたレイチェル・マクアダムスがめっちゃキュートハート
初恋の初々しさと激しさを、これ以上ないぐらい可愛く演じてる。女性の
私が見ても抱きしめたくなるぐらいの可愛さラブ 「タイタニック」のジャ
ックとローズを観た時みたいに、観てるこっちまで楽しくなるよ~な恋。
現実と回想シーンが上手く混ざり合ってて、物語の続きが待ち遠しく
なる。恋の舞台はアメリカ南部の小さな街。景色がとても美しい。身分
の違いや、高齢化社会の問題・・・色々と考えさせられた。

愛は永遠。全てを包み込む強さと優しさを持っている。奇跡を起こす。
本当の愛って何なのかを優しく教えてくれる作品。この映画に出会え
てめっちゃ良かった! 心からそう思う。(*'-'*)

at 00:41│コメント(0)

2005年02月08日

今日は朝から、おばあちゃんと二人で、道頓堀に映画を
観に行ってん。生憎のお天気で、小雨がパラついててん
けど傘をさしておでかけ。映画は「北の零年」。キャストは
吉永小百合・渡辺 謙・豊川悦司・石田ゆり子・柳葉敏郎。
監督は行定 勲。この監督は「GO」で日本アカデミー監督
賞を受賞したり、去年は「世界の中心で、愛をさけぶ」も
ヒットさせた監督。若いキャストを使った今どきの作品が
多いので、大物役者を使ってどんな時代劇を撮ったのか
めっちゃ楽しみにしててん。映画は感動的やった。舞台
は、明治維新の日本。四国・淡路に暮らしてた稲田家の
人々が、明治政府から北海道への移住を命じられるのん。
歴史オンチのぼーやんには、この辺の背景がまったくわ
からへん!(^┰^)ゞ テヘヘ 歴史を知ってたら、もっともっと
映画を深~く、楽しめるのになぁ・・・・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。エーン!!
でもでも、歴史をちっとも知らん、ぼーやんでも泣いてん。
何にもない寒~い北海道で、一から生活を始める大変さ。
人間の心の強さと弱さが、ドキッとするぐらい明確に描か
れてる。んで、吉永小百合が演じる小松原志乃。優しくて、
強くて、朗らかで、美しい。最後の最後まで愛を信じて、
その愛を命を掛けて貫き通すのん。そやのに、あっさりと
身を引く潔さも持ち合わせてる。(´- `*)ん~~♪ 凛とし
てて、芯の通った素敵な女性。ジュディ・オングの歌詞を
想い出した。「女は海~♪」これ、ぼーやんの理想。強く
て優しい海。人間の帰る場所。男の人が落ち着ける場所。
ぼーやんもそ~なりたいなぁ。 ポッ(。-_-。 )人( 。-_-。)ポッ
この作品で一番、印象的だったのは豊川悦司。いい表情
するのん。悲しさを隠した男の強さ。時折、ふと優しい顔
をする。体温とぬくもりがスクリーンから溢れてた。口では
冷たい事をいってても目は絶対に嘘を付けない。(*・・*)ポッ
映画に感動してたら、ど~してもおトイレに行きたくなって、
行ってん。ほな、なんと!血尿が出てん! Σ(゚д゚;) ヌオォ!?
人生初体験!便器が真っ赤っか! w|;゚ロ゚|w ヌォオオオオ!!
その後は気になって、映画どころじゃなくなってん。困った
難波でおばあちゃんと食事をして帰ったけど、帰りにその
まま病院に直行!検温したらお熱もあってん。気付かへ
んかったわ。(ノДT)アゥゥ 検査結果は1週間後の火曜日。
良い検査結果が出ますよ~に! 夜はお花のお稽古へ。


at 12:00│コメント(0)

2004年12月30日

原作は大好きな高村薫。彼女の原作がどんな映画になってる
かが、観たいのん。「マークスの山」も映画にすると面白くなか
ったし・・・。たった2時間で描ききるのは不可能なんかなぁ?
まぁ、原作と映画は別物と思ったらええねんけど、やっぱし原
作の面白さを映画にも求めてしまうもん。高村薫の小説に3度
も登場する“合田雄一郎”。彼のイメージはぼーやんの中には
キッチリとある。あんまし壊されたくないなぁ。合田を演じるのは
2000年に「21世紀の裕次郎を探せ!」でグランプリに選ばれた
徳重 聡。無理やなぁ。合田の役はまだ早い。観るけど(^┰^)ゞ
映画の感想はぱどのぼーやんのお部屋の日記

at 19:49│コメント(0)

2004年12月02日

今日は映画を観に行った。「砂と霧の家」。誰も悪くない
のに、うまくいかへん・・・。悲劇としか言えへん映画。
かなりブルーになってしもてん。 |||(-_-;)||||||どよ~ん
詳しい感想はぱどのぼーやんのお部屋の日記

at 15:18│コメント(0)

2004年11月30日

今日は心斎橋で文房具のお仕入れをしなあかんので、
ついでに、映画を観ようと思ってるのん。作品は「海猫」。
伊東美咲主演の映画でエッチなシーンも多いみたいウインク
「一度だけ、あなたに抱かれに来ました」やって・・・ドキドキ大
監督は森田芳光。イマイチやなぁ。期待はしてへんけど、
仲村トオルを観る為に行こっかな。チャリンコで(゚m゚*)プッ
感想はぼーやんのぱどのお部屋の日記

at 19:40│コメント(0)

2004年11月26日

今夜は「血と骨」を観賞予定。主演はビートたけし、鈴木京香
監督は崔洋一。原作は梁石日。重そうなテーマやけど、考え
させられそ~な、期待できそうな映画でめっちゃ楽しみぃ音符
原作はベストセラーになってんて! 読んだことないけど、
「血と骨」っていいタイトルやんなぁ・・・。いろんな想像ができ
てドッキドキできる。R15やから、血なまぐさいんかなぁ?
たけしの監督作品は大好きやけど、たけしが主演した映画は
あんましやねんなぁ、これが・・・「血と骨」はど~なんかなぁ?
感想はぼーやんのぱどのお部屋の日記

at 19:27│コメント(0)

2004年11月24日

今夜は試写会で「ターミナル」を観る予定。トム・ハンクス&
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ主演。監督はスピルバーグ。
スピルバーグの作品は有り得へんから、あんまし好きじゃ
ないねんけどなぁ。予告編のトム・ハンクスがいい表情をし
てたので楽しみにしてるのん。良い人を演じさせたら、トム
は上手いもんなぁ。1回でええから悪役やって欲しいなぁ。
殺し屋役とか・・・コメディになりそ~やなぁ。ゞ(≧ε≦o)ぷっ
映画の感想はぱどのぼーやんのお部屋の日記

at 19:20│コメント(0)

2004年11月19日

今夜は「Mr.インクレディブル」の試写会の予定。場所はNGK。
ゲストにトミーズが来るねんて! 面白そう!! ミーハーな
母上も行きたがってたけど、体調がすぐれへんらしくて、諦め
はってん。(ノд-。)クスン 心斎橋でノートを50冊、お仕入れせな
アカンかったから電車で行くと重いのでチャリンコで行ってん。
平日の夕方~夜はサラリーマンや運送会社のトラックが多く
てチャリンコで行き難いねんけど、荷物が重いのよりはマシ。
いつもは35~40分で着くのに今日は1時間近くかかってしま
ってん。帰りは道が空いてて、40分ぐらいで帰れたけど・・・。
映画の感想はぼーやんのぱどのお部屋の日記

at 19:11│コメント(0)

2004年11月15日

今夜は、「ポーラー・エクスプレス」の試写会やったのに、
ぼーやんはちょっと疲れ気味でおねむやったから、お昼
寝をしてん。母上が「起こしてあげるわ!」って言うてたの
に母上も一緒に寝てしもて起きたら17:30!Σ(゚д゚;) ヌオォ!?
試写会の開場は18:00やのに・・・。でも、アラームをしん
と寝てしもたぼーやんがあかへんねん。ヾ(_ _*)ハンセイ・・・
駅から遠い会場やったから、電車で行っても間に合わへ
んから、急いでチャリンコで行ってん。途中まで行ってん
けど、ビデオの予約を忘れたから1回戻ってセットしてか
ら行ってん。だって、織田裕二やってんも~んドキドキ大
お家を出発したのは、なんと17:50!間に合うかなぁ?
ちゅ~か、立ち見ちゃうん? (>_< )イヤッ( >_<)イヤッ まだ
ぼーやんは1回も立ち見したことないのにぃ。記録がスト
ップしてしまうや~ん!なんて思いながら、必死でチャリ
ンコをこいで行ってん。会場に着いたのは18:15。開演
に間に合って良かったぁ。座席は前から5列目やったけど
座れて良かったぁ。( ´艸`)ウシシ♪ 感想はぱどの日記

at 18:57│コメント(0)

2004年11月04日

今夜は「キャット・ウーマン」を観て行くのん。
ハル・ベリー主演の映画で「バットマン」に出てくる
“キャットウーマン”をタイトルにした作品。
彼女はナイスバディやから、めっちゃ楽しみぃ音符
キレイキラキラな女優さんを見ると、ほれぼれするわぁドキドキ大
感想はぼーやんのぱどのお部屋の日記

at 18:36│コメント(0)

2004年10月28日

R12指定やって。σ(゚・゚*)ンート・・・残酷シーンがあるからかなぁ?
180度回転する女の子リーガンの首・・・チビッコの時に観たけ
どめっちゃ印象的なシーンやったわ。「エクソシスト」は1973年
ぼーやんが生まれた年に公開されてシリーズ化されたから、
一応全部観たけど、今回はメリン神父の謎が解き明かされる
ねんて。チケットの有効期限が明日までやから観に行かなア
カン・・・こ~言う映画はあんまし一人では観に行きたくないね
んなぁ。怖いもん。(-"-;A ...アセアセ 他の映画は観てしもたヤ
ツばっかしやから仕方ないし・・・恐ろしいけど行ってきます!
感想はぼーやんのぱどのお部屋の日記

at 18:28│コメント(0)

2004年10月22日

2004年カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作品。試写状を
見ると面白そう! 原作は日本の漫画やって。20へぇ!!
復讐劇? チェ・ミンシクは「シュリ」や「パイラン」「ブラザー
・フッド」にも出てる韓国の有名俳優。男前ではないけど、
この人は味があって、いい表情をする。「オールド・ボーイ」
も楽しみやなぁ。どんな映画かなぁ? 早く観た~い音符
感想はぼーやんのぱどのお部屋の日記


at 18:14│コメント(0)

2004年10月21日

今日は「コラテラル」の試写会音符 もぅ~この映画、どんだけ
楽しみにしとったか・・・。昨日の夜も楽しみであんまし寝られ
へんかったわぁ。ゞ(≧ε≦o)ぷぷっ トム・クルーズ主演、マイ
ケル・マン監督。この監督は男のドラマを描かせたらピカ一。
今回も“心の奥に情熱を秘めた、しかしクールな男”が見れる
ん? ハードボイルド好きのぼーやんにはたまらんわぁドキドキ大
「その夜はいつものように始まった・・・」やって!o(;-_-;)o ワクワク
もぅ~夜まで待ち切れへ~ん! あぁ~、ぼーやんのトム!!
ぼーやんが試写会場に行くまで待っててなぁラブ ← アホや!
感想はぼーやんのぱどのお部屋の日記

at 18:02│コメント(0)

2004年10月07日

今日は友達と観に行く約束やってんけど、車が込んでて、
ぼーやんが遅れてしまってん。遅れてごめんなさい。
映画は、前作が結構、面白かったので、楽しみぃ音符
感想はぼーやんのぱどのお部屋の日記

at 17:58│コメント(0)

2004年10月01日

今朝、柳生がお☆様になってショックやったけど、映画の
チケットの有効期限切れが迫ってたから、映画に行ってん。
チケットは2枚あったし、有効期限内にはもぅ観に来られへ
んので、2本まとめて観ることにしてん。元気のない甲賀が
気になって仕方がなかってんけど・・・。 。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。
感想はぼーやんのぱどのお部屋の日記

at 17:51│コメント(0)

2004年09月02日

前作は、ジェット・リー主演の「HERO」。今まで“動”の表現しか
してこなかったジェット・リーが初めて“静”の演技に挑戦した作
品で、“大儀とは何か?”を問う作品。考えさせられたし、相変
わらず映像もキレイキラキラで、大好きな映画ドキドキ大 (o^-')b グッ! 
「LOVERS」はストーリーは独立してるけど3部作中の2作目で、
一応、続編にあたるらしい。同じスタッフで製作。o(> <)oウズウズ
今回は主演が金城武とアンディ・ラウやのん。 (´- `*)ん~~
どっちも大好きっドキドキ大 今夜は両手に花やわぁ音符 (。-_-。)ポッ
チャン・イーモウ監督の作品は、とにかく色がめっちゃキレイキラキラ
美しくてうっとりしてしまう。映画って、ほんまに芸術やなぁ~
って思ぅ。映像と音楽と美術、演技、全てが共鳴すると、体温
が生まれる。そこで初めて作品は生きる。どれか1つでも欠け
ると一瞬で作品の魅力は半減する。だから面白いし、観ること
をやめられへん。ぼーやんのいい映画の判断基準はそれ。
面白いか面白くないかももちろん大事やけど、体温があるか
ないか?匂いがあるかないか?色気があるか? 色気は別
にエッチな色気じゃなくって、艶のこと。好きな俳優がなんぼ
カッコよくても体温や匂い、艶のない映画は印象に残らへんも
ん。映画は数え切れへんぐらい観たけど、いい映画は一握りし
かない。その作品には初めの5分で惹き付ける魅力がある。
チャン・イーモウ監督の映画はいい映画が多い。ストーリーも
しっかりしてて、いつも考えさせられる。テーマは物凄く深くて
重いのん。でも、チャン・イーモウが撮ると厳しさの中にも、優
しさと温かさが滲み出る。大好きな監督。(v_v。)人(。v_v)ポッ♪
感想はぼーやんのぱどのお部屋の日記へ 

at 17:03│コメント(0)

2004年08月27日

ケルト神話・・・何それ? ぼーやんは大作が多くて、衣装も
キレイキラキラな史劇は好きやけど、苦手でもあるのん。(゚m゚*)プッ
だって、登場人物が多いし、ストーリーが理解できひんもん。
いっつも、横で解説して貰う必要を感じるわぁ。((^┰^))ゞ テヘヘ
感想はぼーやんのぱどのお部屋の日記

at 16:24│コメント(0)

2004年08月17日

言わずと知れたカンヌグランプリ作品で、公開を心待ちにして
たけど、そんなに期待はしてへんかってん。でも、たまたまニ
ュースでやってた記者会見を観てビックリ! 柳楽優弥!!
この子の目!! 見た瞬間にゾクゾクした。こんな目をした少
年がいるんやっ!て驚いたっ!! "o(-_-;*) ウゥム…
強くて、弱くて、光と影の混在した目。両極端のモノをすべて持
ち合わせた目。何かを秘めた目。強い意志が感じられる目。
凄いなぁ。こんな目で見つめられたら、動けなくなってしまいそ
う。映画は初主演やって言うてたし、インタビューを聞くと、まっ
たく素人の普通の少年。でも、この子は底知れない。どんな環
境で、何を感じながら、どう育ったら、こんな目になる? この子
の原風景は何? 知りたい! キャストの子供達はオーディシ
ョンで選んだらしい。作品を観てないし、ストーリーもまったく知
らんから、わからんけど・・・おそらく、カンヌ受賞は、この子を見
つけて選んだスタッフの選眼の勝利のよ~な気がした。
以前、俳優の目に惹かれたのは、リバー・フェニックスが「スタ
ンド・バイ・ミー」で演じたクリス。でも、それは役の上でのこと。
リバー・フェニックスもクリス以上の役には出会えないまま、亡
くなった。少年の時の艶っていうか、輝きって言うのは、ほんま
に一瞬。子供から大人の男性になる不安定な瞬間にだけある
輝き。柳楽優弥のそれを、絶対に見逃したくないと思った。
彼が作品の中で、どぅ生きてるか?・・・観てみたい。
感想はぼーやんのぱどのお部屋の日記へ 


at 15:38│コメント(0)

2004年08月05日

2人の少女の白い服に飛び散る真っ赤な血が印象的で
楽しみにしててん。最近流行のアジアンホラー。
この作品は韓国映画では初めて、美術監督とアートディ
レクターを使った作品やねんて。セットの設計図だけでも
千枚以上。製作には5ヶ月も掛けてんて!オオーw(*゚o゚*)w
予告だけでも、もの悲しい雰囲気が伝わってきて、何だか
ちょっと今までのホラーとは違うみたい。期待大ドキドキ大
感想はぼーやんのぱどのお部屋の日記


at 15:18│コメント(0)

2004年08月02日

今夜は映画「ウォルター少年と、夏の休日」を観賞予定
ハーレイ・ジョエル・オスメント&マイケル・ケイン主演。
感動作って宣伝してたけど、泣けるんかなぁ?(-_-;ウーン
また寝てしまいそう・・・。o(‾ー‾;)ゞううむ
感想はぼーやんのぱどのお部屋の日記

at 15:13│コメント(0)

2004年07月22日

今日は「シュレック2」の試写会に行く予定。
前作の「シュレック」は浜ちゃんの大阪弁がナイス!
(o^-')b グッ! スクリーンの下の、隅の方のキャラク
ターもコミカルな動きをしてたりして、めっちゃ面白
かったから、今回の「シュレック2」も楽しみぃ音符
いいお天気やからチャリンコで行こっかなぁ。(o^-^o)
感想はぼーやんのぱどのお部屋の日記

at 15:05│コメント(0)

2004年07月14日

今日は「リディック」の試写会。
ヴィン・ディーゼル主演のSFアクション。コピーは

《壮大な銀河年代記の幕が開く。悪魔か、救世主か、
          危険きわまりないアンチ・ヒーロー誕生》

やって・・・胡散臭そう・・・有り得へんそう・・・
でも、ディーゼル大好きラブ ナイスバディドキドキ大
めっちゃ楽しみぃ。ど~か裸のシーンがいっぱ~い、
ありますよ~に!(ё_ё)キャハ  感想はぱどの日記

at 14:59│コメント(0)

2004年07月04日

8:30開場の9:00始まりの早朝試写会。(;‾Д‾)なんじゃと?
何でそんなに早いね~ん。普段の朝よりも早いや~ん。Σ(゚д゚;)
まいっちんぐやわ! 朝の6:30に起きる予定やったのに、
やっぱしアラームを6回とも無視して、お寝坊してしまってん。
母上に起こされて、起きたら8:00過ぎててん。ぎゃ~~!!
急いで用意して、朝ご飯も食べんと慌てて劇場へ。何とか試写
時間には間に合ったけど、映画始まってすぐに寝てしまってん。
お寝坊した挙句に、居眠り。最悪や~んっ!! 日曜日の早朝
なので、ガラガラやったし、結構、居眠りしてる人も多かった・・・。
夜型のぼーやんにとって、早起きはギャンブルやわ。反省・・・。
母上様、起こしてくれてどうもありがと!!m(._.)mアリガト
感想はぼーやんのぱどのお部屋の日記

at 14:53│コメント(0)

2004年07月01日

今日は久しぶりに友達と映画へ。「ハリー・ポッターと
アズカバンの囚人」を観に行く予定やのん。友達は
「ハリー・ポッター」シリーズが大好きで、楽しみにして
てんけど、試写会もハズれて落ち込んでてん。
今月は映画のチケットが4枚あったし、他の作品は
試写会で観たのばっかしやったので、ぼーやんの
チケットで誘ってみたら、めっちゃ喜んでくれてんドキドキ大
そんなに喜んでくれたらぼーやんも嬉しいわぁラブ
でも・・・映画は多分、寝てしまうと思うで!(゚m゚*)プッ
感想はぼーやんのぱどのお部屋の日記


at 14:45│コメント(0)

2004年06月29日

願いは叶う。
想いは伝わる。

完成しなかったピアノ組曲。
2度と上がらなくなった“恋する花火”。
「天国」と「地上」が交わりあいながら、
結ばれなかった恋人たちに今、奇跡がおこる・・・
 
 ↑ 映画のテーマやって・・・

主演は竹内結子 「黄泉がえり」みたいな感じ?
原作は「天国の本屋」と「恋火」。二つの小説を
1本の映画にしてんて。そっちに興味あるわ!
感想はぼーやんのぱどのお部屋の日記


at 14:32│コメント(0)

2004年06月24日

6月3日はヨン様人気をなめてて、満員でチケット売り切れで
「スキャンダル」を観れなくて、「トロイ」を観たので、今日こそ
「スキャンダル」観た~い!チケット残ってるかなぁ? (゚ペ)?
でも、平日の夜にチケット売り切れって凄いなぁ。d(-_☆) グッ!!
ヨン様、恐るべしっ! 日韓友好ってそんなに簡単なことじゃ
ないと思うけど、少しは影響あるんかなぁ? (-_-;ウーン
感想はぼーやんのぱどのお部屋の日記

at 14:24│コメント(0)

2004年06月16日

今日は念願の「ブラザー・フッド」の試写会! ( ´艸`)ウシシ♪
「シュリ」のカン・ジェギュ監督の最新作で、ウォンビン主演の
韓国映画。ウォンビン、大好きラブ (。-_-。)ポッ
韓国映画祭の作品を観ても、数年前まで韓国映画は国の規
制が厳しいせいで、表現が自由にできず、当たり障りのない
作品ばっかりやったけど、「シュリ」公開の少し前から、大胆
になってきてて面白い。「ブラザー・フッド」は強制徴兵された
兄弟のお話。あぁ~、ウォンビンドキドキ大 早く観た~い音符
感想はぼーやんのぱどのお部屋の日記

at 14:19│コメント(0)

2004年06月09日

今日は映画の試写会で「白いカラス」を観ま~す♪
ニコール・キッドマンとアンソニー・ホプキンス。んで、
エド・ハリス共演の豪華キャスト。何だか考えさせられ
そ~な作品で楽しみ♪感想はぱどのお部屋の日記

at 14:14│コメント(0)

2004年06月03日

また、「スキャンダル」と「CASSHERN」と「トロイ」で迷った・・・。
「トロイ」はまだまだやってるし、「スキャンダル」はR18やから
「スキャンダル」に決定っ!『冬のソナタ』のペ・ヨンジュンの記
念すべき映画デビュー作。別にファンじゃないし、男前とも思わ
へんけど、どれぐらい存在感があるか?ちょっと観てみたい。
18世紀末の李王朝の貴族の役。彼には落とせない女は居ない
らしい・・・。ジィー(;一一)マジで? この目で確かめてやるぅ!
当時の衣装と調度品の再現にめちゃくちゃお金が掛かってるっ
て何かで見たので、それが楽しみぃ♪ 感想はぱどの日記


at 14:09│コメント(0)

2004年05月28日

「CASSHERN」か「真珠の耳飾りの少女」か「パッション」で
何を観るか迷った・・・。「CASSHERN」はとりあえず、ビデオ
でもええかなぁ? 「真珠の耳飾りの少女」は予告がエロチ
ックやったし、フェルメールの「青いターバンの少女」の絵を
美術館で見たからその製作過程に興味があって観たい・・・。
「パッション」は、メル・ギブソン監督のイエス・キリストの最
後の12時間を描いていてR指定やねんて・・・。しかもモニカ
・ベルッチが出てる。大好きな女優さん。う~ん、観たい・・・。
今の所、「パッション」を観るつもり。直前に変わるかも知れ
へんけど・・・。でも今日もおねむ。また、何を観ても寝てしま
いそ~な予感・・・ ┐(-。ー;)┌ヤレヤレ  感想はぱどの日記

at 14:04│コメント(0)

2004年05月27日

今日は映画試写「デイ・アフター・トゥモロー」を観に行くのん。
19時からやから1回帰って、チャリンコで行く予定。(゚m゚*)プッ
予告編を観ると、すっごい面白そうやから、めっちゃ観たかっ
て~ん♪楽しみぃ♪o(^o^)oワクワク でも今日は何だかおねむ
になりそ~な予感。m(゚- ゚ )カミサマ!ど~か寝ませんよ~にっ!
感想はぱどのぼーやんのお部屋の日記

at 13:57│コメント(0)

2004年05月21日

この作品。上映、今日までやったわ・・・(゚_゚i)タラー・・・
病み上がりやけど、急遽、今夜行って来ま~す。
長いで、この映画・・・。絶対寝てまうわ・・・(≡д≡)ガーン
多分、また面白くないと思うけど、一応三部作のオチや
から観とかんとアカン・・・感想はぱどのお部屋の日記

at 13:50│コメント(0)

2004年05月14日

DSC_1997


今日は試写会に行って、また何にも撮影してまてん。
そうそう、今日の試写会で深田恭子の舞台挨拶を観てん。
ぽっちゃりやったけど、めっちゃキュート。可愛いかったぁ!!
感想はぼーやんのぱどのお部屋の日記

昨日の画像の牡丹の、開花の日の朝の様子。
牡丹の開花の決定的瞬間っ! ドキドキ♪(((o(^。^")o)))ワクワク♪
み・観てしもたぁ~~~っ!
開き出したら「あっ!」と言う間で、みるみる内に開いて、
お昼には昨日の画像の満開状態になってんで~っ!
v(*'-^*) 嬉しすぎるっ! 幸せにしてくれてありがと

at 19:32│コメント(0)

2004年05月13日

今日は映画の試写会に行ってん。作品は「21g」
もぉ~~~めっちゃ観たい映画で、楽しみやってん♪
何だか忙しくて、映画の試写会の応募もできひんで、
1ヶ月振りの試写。試写会マニアのぼーやんやのに
有り得へんわっ! また応募しよっ♪ (‾ー‾)ニヤリ

命が消えるその時に、人は21グラムだけ軽くなる。
太った人も、痩せた人も、貧乏人も、金持ちも、
幸せだった人も、そうでない人も 誰もが等しく失う重さ。
それは、私たちがこの世に置いて行く“何か”の重さ。
・・・・・・あなたが残す21グラムは何ですか?

↑映画のテーマやって。ちゃ~んと考えてくるわ!
ぼーやんが残せるものは何か?
多分、何も残されへんと思うねんけど・・・(爆)
感想は、ぱどのぼーやんのお部屋の日記

at 13:29│コメント(0)