2018年06月11日

  5歳クラスのお泊り保育。サワガニをたくさん持ち帰って来た。
  で、お約束のように各クラスにサワガニが回って来た。
  大きな蟹が5匹。小振りの蟹が2匹。合計7匹のサワガニがきた。
  プラケースは特大。でも、石が3個入ってるだけの丸見えな環境。
  多分、この環境では、ストレスなく元気に長生きできないと思う。
  悲しいけど、大きな蟹に共食いされる。身を隠すシェルターがいる。 

  私が育ててる去年のサワガニは、まだ元気に暮してる。
  石と石を組んで隙間を作り、身を隠せるようにしたり。
  砂利を斜めに設置して、好きな水深の場所を選べるようにしたり。
  太陽光、空調、プラケースの向き。全部、計算して置いてる。
  だから私の育ててる沢蟹だけが、何年も生き残る。
  3年経ったら、下見の時に、元の川に逃がして貰っている。
  そんな風に大切に育ててる沢蟹。今日、事件は起こった。

  同じクラスの保育士が、私の育ててた蟹を何も言わず勝手に・・・
  新入り蟹の、特大プラケースに混ぜた。石も砂利も混ぜた。。。
  せめて、サワガニのサイズを合わせな、共食いされるやないか!
  しかも新入り。病気を持ってるかも知れんへんやないか?
  赤ちゃん蟹から大切に育ててきただけに、ショックだった。
  「これ、自前のプラケースに石に砂利なんやけど」って言ったら・・・
  「プラケースを洗っときましたので、持って帰りますか?」と言った。
  そんなことを言うてるんちゃうわい! 勝手に触るなってことじゃ!

  保育中なので子どもも居る、怒鳴りつけるのは、我慢したけど・・・
  もう1人の保育士(クラスリーダー)に相談した。
  「ぼーやん先生があんなに大切に何年も育ててきた蟹やのに、
  勝手に混ぜたらあかんやろ? あり得へん。共食いされるやん。
  今直ぐに分けてきたら? どの蟹かわからんのちゃうん?」と
  言ってくれた。気持ちを分かって貰えて嬉しかった。

  「折角、分けてるけど、共食いされるから元に戻すわ」と言って、
  元通りに戻した。で、サイズの同じ蟹を2匹、同居させた。
  私のプラケースは3匹ぐらいまでは同居できるだけの余裕がある。

  それにしても、勝手に触るかな? しかも私のプラケースに!
  相談に乗ってくれた保育士は「ぼーやんのプラケースに勝手に
  触るって、ある意味、物凄いチャレンジャーやな」と言って引いてた。
  確かに!初めて触られた! 2人でビックリしたなって笑い合った。

  彼女は金魚の稚魚を入れる為の空プラケースが欲しかったらしい。
  これからは触る前に、混ぜる前に、声を掛けて欲しい。
  蟹に何かあったら、許さんで! ムキィィィィイ━━━━━(#`Д´)凸
  
 
  読んでくれてありがと♪ 人気Blogとブログ村ランキングに参加してます。
  下のバナーを応援クリックして頂ければ励みになりめっちゃ嬉しいです♪

  人気ブログランキングへ   にほんブログ村 その他ペットブログ カエルへ 
   にほんブログ村 その他ペットブログ 両生類へ

コメントする

名前
 
  絵文字